コアラカフェとは?

最近では、がんサバイバーを対象とした、「がんカフェ」「緩和ケアサロン」など、様々な集いの場が開催されています。病気の告知、病状の経過から発生するいろいろな悩みや不安などを抱えたがんサバイバーが、自分の周囲にいる人々や集った仲間に話したり、あるいは話を聴いたり、様々ながんに関連する情報を交換する、そんな場所として発展してきました。
これは、がんサバイバーが生きていく上で、病気の治癒を目指すことだけでなく、人間同士のつながりを感じ、より良く生きることの意味を考えることに重きを置いているといえます。

カフェに集う人の中には、子育て中のがんサバイバーも多く存在します。子どもに自分のがんという病気を伝えるかどうかで葛藤し、苦しんでいる人もいます。がんという病気を伝えたことで、子どもが苦しい思いをしたり、親子関係が崩れたり、これまでの日常生活に変化が生じたりという悩みを抱えることも少なくありません。
親のがんを知った子どもは、衝撃、不安、恐怖という反応を示すことが多く、その後の発達に影響を及ぼす可能性も考えられます。

そのため、がんサバイバーの家族の一員として、子どものこのような反応に対するサポートを行ない、心身ともに健康を保つことが重要であるといえます。
このような観点から、親ががんになることによって生じる子どもの情緒的な変化、日常生活の変化、親子の関係性の変化など、子どもが体験する喪失をサポートし、その変化に子どもが自ら対処できるように支援することを目指し、「コアラカフェ®」は設立されました。

コアラカフェ®は、保護者ががんに罹患したことを知らされている学童期(小学生)の子どもとその保護者を対象に実施しているサポートプログラムです。子どもががんとその治療に関する正しい知識を得ることで、保護者ががんになったことで変化した生活に対処し、自分自身の感情をコントロールできるようになることを目的としています。

同じ体験をしている仲間とその感情を分かち合うことにより、孤独感からも解放されることが期待されます。また、保護者自身もがんを患いながら子育てをするという共通の体験をしています。その体験や悩みを保護者同士で共有することで気持ちが安定し、子どもが落ち着いて生活できる効果も期待されます。

名称の由来は、ありのままの子どもを優しく包み込むイメージで、子どもがなじみやすい動物の「コアラ」と、安心でゆったりできる場のイメージである「カフェ」を合わせて「コアラカフェ®」としました。

子どもの気持ちを大切にする

安心・安全な場所をつくる

ライフ(子どもの生きるを支える)

ビジョンとミッション

コアラカフェ®のビジョンは、「がんに罹った親や大切な人を持つ子どもたちに、安全で居心地の良い場を確保し、日常から切り離された自由な自分で居られる時間を提供すること」です。

サポートグループ側の枠に当てはめないで、子どもたちに合わせられるプログラムであることがコアラカフェ®の特徴です。がんに罹った大人たちが、初発であっても再発であっても、抗がん治療中でも治療していなくても、初期でも末期でも、どのような状況でも子どもたちは参加することができます。そのことは、参加してくれたその日の子どもたちの状況から医療者であるスタッフがアクティビティを選択するなど個別性のある対応を行うことで実現しています。
また、始まりの輪で日常から離れ、終わりの輪でまた日常に戻っていくようにメリハリのあるプログラムは子どもたちの安心につながっています。

コアラカフェ®のミッションは、「子どもたちが自ら自分を取り戻していくことを見守ること」にあります。

親ががんになったことで背負った荷物を下ろし、一息つくことがコアラカフェ®です。必要な時は心理の専門家に相談ができる体制を持ち、関わるスタッフは全員医療者ですが、荷の中身を捨てること(治療的な関わり)が目的ではありません。荷を置き、ホッと一休みし、自分の足でまた歩んでいく力を取り戻してくれることにあるのです。



共に生きる社会の一員として、自分も他者も尊重でき、そして、がんに罹患した大人とともに歩みを進めていくことができるようコアラカフェ®は一休みの場所を提供しています。

アイコン

有賀 悦子

帝京大学医学部緩和医療学講座教授
帝京大学医学部附属病院緩和ケアセンター長・緩和ケア内科診療科長

参考文献 :
有賀悦子(2017)「コアラカフェ®とは?そのビジョンとミッション」、『がんの親をもつ子どもたちをサポートする本 : 親のがん、家族の一大事を経験する子どもたちと伴走するために』p.83-85、青海社.

Facebook

["error","(#100) Tried accessing nonexisting field (with_tags) on node type (PagePost) See more<\/a>"]
1 month ago

こんにちは。コアラカフェ®️です。
現在、スタッフが在宅勤務に入っておりますので、恐れ入りますがメールまたはFacebookのmessengerでのご連絡でお願いいたします。
在宅勤務でも受付は常時行っており、スタッフが確認次第折り返しご連絡いたしますのでご安心ください。

3 months ago
『【0029】コアラカフェ®開催しました!』

コアラカフェ®です。
日曜日に開催されたコアラカフェ®のことを書いたブログを更新しました。
連休中のお時間のある時に是非ご覧ください。

https://ameblo.jp/koalacafeteikyo/entry-12576766120.html

こんにちは。コアラカフェ®️です。 オリジナルキャラクターのおたま、おべに、おゆき。 おゆきは、白血球。身体の外から侵入する病気の原因になるバイ菌をやっつけ…

3 months ago

本日、2月4日は #ワールドキャンサーデー です。2000年2月4日、パリで開催された「がんサミット」から始まった取り組みです。
コアラカフェ®️は、今までも、これからも、親のがんを知らされた子どもたちと保護者、ご家族のために活動していく所存です。今後はますますニーズの高まる #がん教育 ... See more

4 months ago
コアラカフェさんの投稿の写真

... See more

4 months ago
コアラカフェさんの投稿の写真

今日の東京は雪の降る寒い1日でした。
先月に引き続き緩和ケア研修会でコアラカフェ®️の説明を行い、本日は事務局メンバーの園山が担当しました。

明日は一月のコアラカフェ®️です。
お友だちが来てくれるので暖かくなるといいのですが・・・。

4 months ago

... See more

4 months ago

... See more

5 months ago
コアラカフェさんの投稿の写真

こんにちは。コアラカフェ®です。
今日は帝京大学で開催されました緩和ケア研修会で、コアラカフェ®についての説明を行いました。

緩和ケア研修会は、PEACE(Palliative care Emphasis program on symptom management and Assessment for Continuous medical ... See more

6 months ago
コアラカフェさんの投稿の写真

... See more

6 months ago

今日は、とてもいい天気でしたね。
コアラカフェ®️を開催しました☺️
新しいお友だちが来てくれて、楽しい時間を過ごすことができました。
詳しくは、また後日お知らせします。

« 1 of 2 »

事務局挨拶

親ががんになったとき、そのことを子どもに伝えることはとても大切なことと言われています。その理由は、親が子どもに本当のことを伝えることで、家族が一つになって病気と治療に向き合えるようになるからです。
子どもたちは、もともと困難に立ち向かう力を内に秘めているのですが、親のがんを知らされた時にはいろいろな反応を示すことでしょう。
親ががんにかかったことに「自分が悪い子だったからなのかな?」と罪悪感を持ったり、風邪のように「自分にもうつるのかな?」と心配したり、そもそも「がんって何?」と疑問を持ったりすると言われています。それに加えて、親御さんが入院したり、治療の副作用で調子が悪い時、「誰が自分の面倒をみてくれるの?」と不安になったりします。

生活面では、成績不振、腹痛や頭痛などの身体症状、情緒不安定、好きだったことをしなくなるなどの反応がみられたりします。親に心配をかけないようにと不安な気持ちに蓋をして、普段よりもききわけがよくなったりすることもあります。このように、親のがんを知らされた子どもは、様々な疑問を抱いたり不安になったりしていますが、治療中の親御さんはご自分のことで精一杯だと思います。親御さんがご自分の治療や体調のことでいっぱいいっぱいになるのは当然のことです。がんという病気や治療は、人生の一大事と言っても過言ではないのですから。

コアラカフェは、親が子どもにがんを知らせることと、その後の子どもの気持ちを支えることをセットにして考えることを提案します。「子どもにがんのことを知らせたけれど、大丈夫だった?」と思ったら、コアラカフェの扉をたたいてみましょう。親子にとって一大事のこの局面を上手に乗り切るには、第三者の大人による特別なサポートと、何でも話すことができて、どんな感情でもぶつけられる安全基地が必要です。


コアラカフェの活動を通して、子どもは自由に感情を表出したり、同じ体験をしている友達をつくったり、がんや治療について正しい知識を持つことができます。やがて子ども自身の力で、この一大事を乗り越えられるようになるでしょう。親御さんにとっても何でも話せる場であり、普段はみられないような子どもの姿を発見する機会になるかもしれません。
コアラカフェのスタッフは、皆様に安心して安全に過ごしていただけるように、全員が医療専門職者で、子どもの気持ちに寄り添えるように特別な研修を受けています。開催日は、ホームページ、ブログ、Facebook等でお知らせしています。メール、電話、メッセンジャーなどで参加の申し込みを受け付けていますので、はじめの一歩を踏み出してみませんか?お待ちしています。

南川雅子帝京大学医療技術学部看護学科教授

メンバー紹介

南川雅子

南川 雅子

成人看護学
この活動を続けることも子育ても、試行錯誤と発見の連続です。でもそれが楽しいと思っています。

寺田由紀子

寺田 由紀子

母性看護学
婦人科での看護経験があり、子育て中に児童学を学んだ助産師です。好きな遊びはサッカーです!

園山真由美

園山 真由美

基礎看護学
私は小学生の子どもを持つ母親であり、そのことがこの活動に関わり続けている理由の1つです。

角田知穂

角田 知穂

成人看護学
産科での看護経験、養護教諭の資格があります。得意技はミッキーマウスとマリオのものまねです!

古屋洋子

古屋 洋子

成人看護学
がんを生きる方々と接してきました。ほっこりした気持ちをお持ち帰り頂けるよう努めています。

三木祐子

三木 祐子

小児看護学
楽しい遊び場づくりのため、目下体力向上と折り紙の上達が課題です!ミッケ!は自信あります!

伊藤文子

伊藤 文子

精神看護学
元利用者です。自分の気づかない気持ちに出会えたり子どもが思いっきり遊べる環境があります!

堀内裕子

堀内 裕子

基礎看護学
病棟の看護師を15年していました。今は大学で教育に携わりながらいろいろと子育てに奮闘中です。

目標

1

がんとその治療に関する正しい知識を得ることで、親ががんになったことによって変化した日常生活に対処できる。コアラ2

2

親ががんになったことで体験したことや抱いている感情を自由に表出し、それを無条件で受け止められる体験をすることで自身の感情に気づき、調整ができるようになる。

3

仲間と体験を分かち合うことにより、孤独感から開放される。コアラ3

活動内容

プログラムのタイプ
ワンデープログラム
開催頻度
基本的に1か月に1回、第3日曜日に開催する。
1回の所要時間
2時間30分程度
開催場所
帝京大学板橋キャンパス4号館1階
運営メンバー
19名

帝京大学医療技術学部看護学科教員8名、帝京大学医学部附属病院医師1名、帝京大学医学部附属病院がん看護専門看護師1名、杏林大学保健学部看護学科教員3名、埼玉県立大学大学院研究科教員1名、岩手医科大学看護学部教員/精神看護専門看護師1名、筑波大学人間総合科学研究科看護科学専攻博士後期課程院生1名、自治体保健師/東京女子医科大学看護学研究科博士後期課程院生1名、他2名。

コアラカフェ®プログラム内容

1. はじまりの輪

このプログラム(コアラカフェ®)が、自分の感情や思っていることを自由に表現してもいい安全で特別な場所であることを認識するための時間です。プログラム参加中のルールなどもこの時間に確認します。

2. 仲間づくりのアクティビティ

自由あそび

子どもの緊張感や不安感を和らげ、子ども同士が交流するきっかけを作ります。また、遊びを通して、言葉で表せない感情を表現したり、話を聞いてもらえる体験をすることで自身を肯定的にとらえ、気持ちや感情を調整することを目的とします。

3. おはなしタイム

絵本や紙芝居、動画などを用いて、子どもががんという病気やその治療法、がんに関する知識を得たり、命についての考えを深めることを目的とした時間です。その後、自分の体験や感情を話す場を設け、共有することで自分の気持ちに気づくことも目的の一つです。

4.自由遊び

外で遊ぶこともできますし、室内で工作やゲームなど、子どもたちが好きな遊びをする時間です。コアラカフェ®では、子ども一人につきファシリテーターが必ず一人以上付き添います。子どもたちの自主性に任せつつ、安全を確保しながらお子さんに寄り添います。

5. おわりの輪

プログラムから日常へ戻るため、気持ちを切り替える時間です。

保護者向けプログラム

コアラカフェ®では、こどもたちだけでなく、保護者自身またその配偶者を対象としたプログラムも行っています(自由参加)。
保護者の気持ちが安定することは子どもにとっても大切なことです。”話す”ことを中心としたプログラムで、がんという病気をもちながら子育てをするという共通の体験をしている保護者やその配偶者が集まり、悩みや体験を共有する場を設けます。
自身の考えや体験を共有することで、さまざまな考えに触れるきっかけとなります。

地図

〒173-0003 東京都板橋区加賀2-11-1 帝京大学4号館
Scroll Up